髭に脱毛クリームを使用した場合の効果と使用方法による効果の違い

濃い髭をどのように処理するかは男性にとって永遠の悩みだと言えます。

その際に無駄毛処理に使用できる脱毛クリームを使用した場合、髭を手軽に処理できるのでしょうか。

実際に脱毛クリームを使用した場合の効果や使う際の方法による効果の違い、注意点とはどのようなものかを知ることが脱毛クリーム使用におけるポイントとなります。

脱毛クリームを使うと毛根から処理する効果はあるの?

基本的に無駄毛を処理することが出来る脱毛クリームは、髭剃りや電気シェーバーのように刃を使用して髭を剃り落すというものではありません。

脱毛クリームの場合はアルカリ性の溶剤を主成分としたクリームをタンパク質でできている毛に塗ることで脱毛効果を得られるものとなっています。

アルカリ性の溶剤によりたんぱく質を分解して溶かすことで無駄毛を除去する方法が脱毛クリームの原理ですので、使用した場合に取り除くことが出来る毛は表面に見えている部分のみに効果があることになります。

その為毛根から髭を処理すると言うことは脱毛クリームの性質上不可能となっていますので、あくまでも生えて肌の上に出てきている毛の部分だけを取り除くことが出来る製品であると考えなければいけません。

その為毛根は生きているので時間が経てばまた髭は伸びてくることになり、定期的に脱毛クリームを使用し続けなければ毛の生えていない状態を維持することは出来ないことになります。

脱毛クリームを髭に使うと青髭を解消する効果

脱毛クリームを髭に使用した場合、他の部位と同様に表面に見えている毛は溶かして除去することが可能です。

髭自体が薄い人の場合脱毛クリームを使用することでほぼ見えている毛は完全に処理することが出来ツルツルの状態にすることが可能となります。

髭が濃い人の場合でも数回使用すれば濃い髭であっても溶かすことが効果が得られ、髭剃りを使用した場合と比べてもツルツルの状態に近付けることが出来ます。

しかし髭を剃った後の青髭の状態を解消できるかどうかで考えた場合、脱毛クリームだけでは毛根に作用することが無いため青髭状態を改善することは難しいと言えます。

もちろん髭剃りや電気シェーバーよりも深い位置まで髭を溶かすことが出来るので多少の緩和は可能ですが、毛根がしっかりと残っている限り青髭状態の改善は難しくなります。

その場合脱毛クリームと抑毛ローションをセットで使用すれば溶かした後残った毛根に抑毛ローションの成分が浸透するので、青髭状態を解消することが出来るでしょう。

脱毛クリームは肌トラブルを引き起こす?

脱毛クリームを使用した場合、気になる無駄毛を溶かして取り除くことが出来ますが、しかしそれは肌に対しても負担をかけていることになりますので、脱毛クリームを使用した場合には脱毛効果と共に少なからず肌荒れなどを引き起こす可能性が高くなります。

そもそも脱毛クリーム自体本来は顔の髭に使用するものではなく、腕や脚といった比較的肌が強い部分に対して使用する商品となっています。

脱毛クリームには顔へは使用しないでくださいといった注意書きがあるものも多く、それを肌の弱い顔に使用してしまうと肌トラブルを引き起こす可能性は極めて高くなります。

脱毛クリームにも肌に優しいものもありますので、それを使用すれば肌への負担はかなり軽減することが可能となります。

しかし本来の使用方法ではないので肌が弱い人や肌にトラブルを抱えている人は肌荒れや湿疹が出ると言った可能性は否定できないと考えなければいけません。

カミソリ負けして傷ついている肌に使用すると高い確率で肌トラブルになるので注意しましょう。

脱毛クリームをヒゲに使う方法

脱毛クリームを髭の脱毛に使用する場合、効果を高めたいのであればやはり使用方法に則った使い方が最も効果が出やすくなります。

脱毛クリームを使用する場合、塗ってから時間を置くことでアルカリ成分がタンパク質の結びつきを弱め溶かすことが可能になります。

その為使用方法で定められている時間を無視して短時間でクリームを取り除いてしまうとまだタンパク質の結びつきを弱め切れていないため髭を取り除くことが出来ないことになります。

では長く置けば置くほど溶ける効果が高まるのかと言えばこれも大きな間違いで、長く置きすぎても効果が高まると言うことは無くむしろ肌への悪影響のほうが大きくなるため時間をかけ過ぎるのも効果的ではないと言えます。

それと髭に対してムラなく均一に脱毛クリームを塗ることも効果を出やすくするために必要な工夫といえるでしょう。

均一に塗ることで脱毛効果を高めどの部分の髭も綺麗に取り除くことが可能になります。

脱毛クリームは髭の脱毛に効果あり。

ただし青髭軽減は難しい。
脱毛クリームでの髭脱毛は一定の効果を得られるのは間違いありません。

ただし溶かして毛を取り除く方法なので青髭軽減の効果は薄いですし、肌への負担や肌トラブルにも注意が必要となります。

決められた使い方を守ることで最大限の脱毛効果を得られるでしょう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です